2000年4月以降の新築住宅は『住宅の品質確保の促進等に関する法律』(品確法)により、構造部と雨漏れに関する部分は10年の瑕疵保証がつきます。また、地盤保証は10年、白あり保証は5年が一般的な補償となっております。その他の箇所に関しては1.2年程度になっている事が一般的。
新築から5年程度経過すると各所点検・補修が必要となる場合が多いです。
各所点検やリフォーム時期の目安を下記に掲載致します。
点検・見積もりが必要な際は是非一度弊社までお問い合わせくださいませ。

リンクを開くと表が表示されます。

※政府刊行『積算資料ポケット版リフォーム編』引用